注文する時の注意

インターネットの印鑑通販サイトで印鑑を注文するときに注意する点はどういったものがあるのでしょうか。初めてインターネットで印鑑を注文する人は何をポイントにすれば良いのでしょうか。

印鑑通販サイトは、一般のお店で購入するよりも低料金で印鑑が買えることが多いものですが、価格ばかりに注目していると、品質を見落としがちになってしまいます。あまりにも低料金な商品は避けた方が良いでしょう。

インターネットで印鑑を購入する場合には、保証書を発行しているサイトが多くあります。彫り直しやメンテナンスなどのアフターフォローが付いているものもあり、保証期間や保証内容もさまざまです。注文しようとしているサイトに保証書がつくのかどうか、保証内容や保証期間についても詳しくチェックしてから注文しましょう。

印鑑を注文するときは、彫り方が選べ、彫り方によって価格も異なります。角印など重要な印鑑は、コンピューター彫りを避けたいところです。コンピューター彫りのものはすぐに作れるので、複製の心配があります。登記しないとはいえ、重要な印鑑はできるだけ手彫りのものを選ぶようにしましょう。また、仕上がりの陰影についても、印鑑通販サイトの場合は注文前に確かめることができることが多いので、トラブルを避けるためにも、そういったサービスを利用することをおすすめします。

角印の選び方

角印は、登記をする必要はないものの、会社の領収書や請求書などに使用する重要な印鑑のうちのひとつです。基本的には長く使うものなので、ある程度こだわって作りたいものです。

角印は、20~24mm程度の大きさのものを使用するのが一般的ですが、規定はないので、より小さくてもより大きくても構いません。書体は様々ですが、社名を彫るので、きちんと読みやすい書体というものがポイントになります。比較的文字が読みやすい篆書体(てんしょたい)が角印ではスタンダードとして使用されています。篆書体は日本のお札に押印されている印鑑にも使われています。社名のみを入れる場合や、「社名+印」や「社名+之印」とする場合もあります。

角印は請求書や領収書など比較的使用頻度が高いので、耐久性のある素材で作ることがポイントです。角印の素材で人気があるのは、柘、黒水牛、牛角、象牙ですが、毎月大量の請求書に押さないといけないという場合などには、象牙などで作った本格的な角印の他に、連続して押せるゴム印を作成する会社もあります

角印に限らず、印鑑を注文する際には、用途に合わせて大きさ、書体、材質を選ぶことがポイントです。印鑑通販サイトではそういったことがわかりやすくまとめられたものもあるので、リサーチしても良いでしょう。また、どのような仕上がりにあるのか、印影をプレビューできるサービスも増えています。

丸印と角印の違い

丸印と角印はどちらも会社で使う印鑑です。丸印はいわば会社の実印で、法務局に印鑑登記したものです。個人の実印と同様に非常に重要な意味を持ち、契約書などに押す場合には、印鑑証明を添付することが一般的です。丸印にサイズの規定はありませんが、個人で使う実印よりもひとまわり大きなものであることが多いでしょう。丸印を押す位置は、他の文字とかぶらないように押すのが一般的です。

一方、角印は認め印のようなもので、会社で発行する書類が、その会社のものであると証明するために押します。角印のみでは公的な文書とは認められないこともあり、ビジネスのシーンによっては、角印と丸印のどちらも押すことも多々あります。角印もサイズの規定がありませんが、20~24mm程度のものを使うのが一般的です。角印の押し方は、社名や住所の右横の位置で、かつ住所や代表者名などの最後の1字辺りに少しかぶせて押すのが一般的です。

代表者印に丸印、社印に角印を使うのが一般的ですが、特別に法律などで定義されているわけではありません。したがって、丸印に社名を彫っても、角印に代表者名を彫っても特に問題はありません。しかし、多くの会社で社名は角印と認識していることもあるので、丸印で社名の印鑑を作ると、常識を知らないのかな、と思われてしまいがちなので、注意が必要です。

ネットで楽々印鑑注文

普段、印鑑を作ろうと思ったら、町のハンコ屋さんやショッピングモールの中のサービスカウンターで申し込むという人も多いのではないでしょうか?印鑑注文には印鑑通販サイトがあり、インターネットでも注文し購入することができるのをご存知でしょうか。印鑑だけに限らず、ネット販売は、店舗の賃料や光熱費、人件費などがかからないため、商品自体の価格を比較的安くすることができるというメリットがあります。ネット販売での印鑑も同じく、市販の同等クラスのものよりも安く済む場合がよくあります。全国どこからでも、いつでも注文できるという点でも、営業時間のある一般の店舗より利用しやすいという声もあります。

印鑑にはさまざまな種類があります。個人で使うものは、実印や銀行印、認め印などは使っているという人も多いことでしょう。会社で使う印鑑は、会社の実印や銀行印のほかに、役職印や角印などがあります。印鑑通販サイトで注文、購入できるものはこういった個人で使用する実印や認め印だけでなく、会社で使う角印のような法人の重要な印鑑もあります。

会社で使う角印は丸印と何がどう異なるのかご存知でしょうか。角印を選ぶときは何をポイントにすれば良いのでしょうか。ここでは、会社の重要な印鑑のうちのひとつ「角印」に焦点を当てて印鑑の購入について考えてみましょう。角印を印鑑通販サイトで注文するにはどのようにすれば良いのでしょうか。角印注文のプロセスについてチェックしてみましょう。